KonnoG HP > presentation








IMG_4527.JPG

IMG_4514.JPG

IMG_0137.JPG

IMG_0155.JPG

DSC01765.JPG





















Presentation List

2017

〇山口椋平, 今野博行, CCR5アンタゴニスト蛍光標識体の合成と分子プローブへの活用
〇佐藤亮太, 今野博行, 環状テトラペプチドTentoxin類の合成研究
第7回化学フェスタ(2017年10月17-19日, 東京, 船堀タワーホール)
〇菊池真梨子, 黒谷玲子, 今野博行, Synthesis of Secretoglobin 3A2 fragments using Dawson resin by Native Chemical Ligation
〇似内郁美, 今野博行, Synthetic study of SapB, Dha-contaning Lantibiotic Peptide
化学系学協会東北大会(盛岡) (2017年9月16-17日, 盛岡市, 岩手大学)
○佐藤多記, 二階堂由莉, 穂積真由美, 照屋健太, 今野博行, Aβ凝集体特異的に結合し機能を発揮するクルクミン誘導体の開発
○穂積真由美, 佐藤多記, 二階堂由莉, 今野博行, 水溶性とAβ凝集阻害効果を合わせ持つクルクミン誘導体の探索
認知症を知る若手研究者の集まり (2017年7月29-30日, 大津市, 湯の宿木もれび)
◯今野博行, くすりの種をみつけよう, 夢ナビライブ2017(2017年7月15日, 名古屋, ボートメッセ名古屋)
◯Hiroyuki Konno, Total Synthesis of Callipeltin B, Peptydyl Marine Natural Product, Invited Lecture(6/8, Dalian campus, 6/9 Panjin campus, Dalian University of Technology, China)
◯荒木拓哉, 徳田玲香, 中野祐子, 今野博行, 真壁幸樹, Expressed protein ligation法による球状蛋白質βシート中への非天然アミノ酸の導入
第17回日本蛋白質科学会年会(2017年6月20-22日, 仙台市, 仙台国際センター)
◯東海林由憲, 吉野諒, 今野博行, 環状デプシペプチドに含有するα,β-dihydroxy-γ-aminoheptanoic acid誘導体の合成
◯今野博行, 二階堂由莉, 佐藤多記, アミロイドβ凝集体に特異的に結合するクルクミン様物質の開発
日本農芸化学会2017年度大会 (2017年3月18-20日, 京都市, 京都女子大学)

2016

○今野博行, 二階堂由莉, 佐藤多記, アミロイドβ凝集体に特異的に結合するクルクミン様物質の開発, 第24回山形分子生物学セミナー(2016年12月3日, 鶴岡市, 山形大学農学部)
○Yoshino, R.; Konno, H. Fmoc-OPhth, new reagent of Fmoc-protection toward the efficient Fmoc-SPPS.
○Yamaguchi, R.; Konno, H. Synthesis of fluorescene CCR5 antagonist as a potential molecular probe.
The First International Conference on Health-care technology 2016 (December 1, 2016, Yonezawa, Yamagata, Japan)
○吉野諒, 菊池真理, 今野博行, Fmoc-βAla-OH の生成回避を目的としたFmoc 化試薬の開発
○佐藤多記, 二階堂由莉, 今野博行, アミロイド β 凝集体を検出するクルクミン型蛍光プローブの開発.
第53回ペプチド討論会(2016年10月26-28日, 京都市, 京都テルサ)
○今野博行, 若林雅貴, 似内郁美, 照屋健太, 赤路健一, SARS 3CL プロテアーゼ阻害剤を目指したイソセリン誘導体の合成と評価
○似内郁美, 今野博行, Dha含有LantibioticペプチドSapBの合成研究
○加藤誠弥, 佐藤亮太, 佐々木康浩, 今野博行, 抗真菌活性を有する環状オクタペプチドburkholdine類の合成研究:β-hydroxy tyrosine部位の合成に関する研究
○玉木友理, 今野博行, 矢野成和, Leuconostoc mesenteroidesによる不溶性グルカンの生産とバイオフィルム形成
日本農芸化学会東北支部会 (2016年10月9日, 鶴岡市, 山形大学農学部)
◯今野博行, くすりの種をみつけよう, 夢ナビライブ2016(2016年10月1日, 仙台, 夢メッセみやぎ)
○矢野成和, 難波孝行, 玉木友理, 残間寿美香, 今野博行, 立木隆, 若山守, 乳酸菌 Leuconostoc mesenteroides 由来不溶性グルカンの細菌型α-1,3-グルカナーゼによる加水分解, 第68回日本生物工学会大会(2016年9月28-30日, 富山市, 富山国際会議場)
Hayashi, M.; Kobayashi, K.; Shimizu, Y.; Endou, Y.; Konno, H.; Akaji, K.; Nosaka, K. Biosynthesis of thiamin phosphates in hyperthermophilic archaeon Pyrobaculum calidifontis. The Fifth International Conference on Cofactors & Active Enzyme Molecule 2016 (September 4-11, 2016, Unazuki, Toyama, Japan)
○東海林由憲, 吉野諒, 武田祥, 菊池真理, 今野博行, Homophymine Bの全合成研究:マクロラクタム化による環状部の合成, 天然有機化合物討論会(2016年9月14-16日, 仙台市, 東北大学)
◯佐藤亮太, 今野博行, 環状テトラペプチドtentoxin類の合成研究
◯休石悠人, 似内郁美, 川井貴裕, 鵜浦啓, 並河英紀, 今野博行, ポリオキシメタレートによるチオール官能基の検出
化学系学協会東北大会(いわき) (2016年9月10-11日, いわき市, いわき明星大学)
◯今野博行, アミロイドβ に特異的に結合し構造制御するクルクミン様物質の開発,日本食品科学工学会年会シンポジウム「クルクミン研究の最前線〜生体内吸収、機能研究から応用へ〜」(2016年8月26日, 名古屋, 名城大学)
○佐藤多記, 二階堂由莉, 山田亮, 今野博行, Aβ凝集体検出色素クルクミンアナログの開発, 第48回若手ペプチド夏の勉強会 (2016年7月31日-8月2日, 八王子市, 大学セミナーハウス)
○佐藤多記, 二階堂由莉, 山田亮, 今野博行, Aβ凝集体特異的に結合し蛍光を発するクルクミン誘導体の開発, 認知症を知る若手研究者の集まり (2016年7月30-31日, 高崎市, ニューサンピア高崎)
◯今野博行, くすりの種をみつけよう, 夢ナビライブ2016(2016年7月21日, 名古屋, 名古屋ドーム)
◯Hiroyuki Konno, Total Synthesis of Callipeltin B, Cyclodepsipeptide isolated from Marine Sponge,Korean Peptide Protein Symposium(5/24-25, YangYang, Korea)
◯二階堂由莉, 佐藤多記, 今野博行, Amyloid β に特異的に結合し構造制御するクルクミン様物質の開発,第27回万有仙台シンポジウム(2016年6月25日, 仙台, 仙台国際センター)
◯今野博行, 小林大樹, 矢野成和, 二階堂由莉, 東海林由憲, 似内郁美, 川井貴裕, 野々村美宗, 鵜浦啓, 並河英紀, ポリオキソメタレートの抗菌活性評価
◯山口椋平, 東海林由憲, 二階堂由莉, 今野博行, ケモカインレセプターCCR5阻害剤TAK779類縁体の蛍光標識化
◯東海林由憲, 吉野諒, 今野博行, Homophymine B の全合成を目指した非タンパク性アミノ酸の合成
日本農芸化学会2016年度大会.(2016年3月27-30日, 札幌市, 札幌コンベンションセンター)
◯今野博行, 吉野諒, 東海林由憲, , Callipeltin Aの全合成研究, 日本化学会年会 (2016年3月24-27日, 京田辺市, 同志社大学)